【グローバル組織力診断】欧州MBAの組織行動学を元に開発。あなたの日本人らしさを当てます。

あなたの日本人らしさを抽出し グローバルに変身させます。


普段の仕事の取り組み方を当たり前のものだと考えてしまっていませんか?

人が何かを見て考え行動する時、そこには「文化フィルター」がかかっています。

自分が学校や会社などの組織で学んだルールや考え方はその組織固有のものであるにもかかわらず、いつの間にか世界共通のものと錯覚してしまいます。

それが「文化フィルター」です。

例えば、日本の多くの新社会人が学ぶことの一つに「報連相」があります。これは上司に対し報告・連絡・相談を適切にすることの重要性を説いたものです。

もしこの報連相をアメリカ人の部下に求めた場合、あなたは「過剰に管理をする人間」だとか、「部下を信頼しない上司」などと思われる可能性が非常に高いです。アメリカでは個人の仕事がより独立しており、他人の仕事の中身にまで深くはいるのは避ける傾向にあるからです。

こういった単純な上司と部下のコミュニケーションでさえ、文化の違いによる差というのは大きいものです。

そしてこの文化フィルターの存在に気づかなければ、相手のことを非常識・スキルがないなどと思い込んでしまい、異なる文化の人を理解し、協働することはできません。

私は仕事ではアメリカ人上司の部下として、またはアジアから来日した部下の上司として、プライベートでは外国人の家族と友人を持つ身として、

この文化フィルターに気づき、お互いが理解し合い、力を最大化する組織形成の方法を考え始めました。

その解決方法の一つが、今から紹介する「グローバル組織力診断」です。

グローバル組織力診断は、日本人が無意識のうちに使っている「日本文化フィルター」を数字と言葉で見える化し、グローバル組織で働くときに必要となる考え方異文化の相手とビジネスを進めるスキルを提案するものです。

日本の組織スタイルはグローバルで機能しない

合意形成ピラミッド型組織

日本の典型的な組織は、上下関係がはっきりしたピラミッド型であり、関係者が合意形成しながら意思決定をする組織だと言われています。また阿吽の呼吸を好み、少ない指示で多くのことを理解し実行できる人間を優秀と捉える傾向があります。

この組織スタイルが機能しているとき、全員が同じ目標を持ちぶれることなく前進し、上司が部下を成長させ部下は上司に忠義を尽くすため非常に強い力を発揮します。

特に日本の高度経済成長期には多くの製造業がグローバルで成果を出し、Japan as No.1の名を知らしめたように日本は統制の取れた一体感のある組織を強みとして成長してきました。

しかし、昨今ではそれが機能しなくなっています。

グローバル化により組織に所属する人材の多様化が進むことによって「阿吽の呼吸」で仕事をすることは困難になりました。

情報技術の発展によりビジネス環境の変化が早くなり、走りながら意思決定する必要性や方向転換しながらビジネスを確立していくスタイルが求められるようになりました。

こういった状況において、少ない言葉から多くの意味を理解するコミュニケーションスタイルが機能しないことや、組織の平穏を保つための会議前の根回しに時間を使ってしまうこと、事業の意思決定に関わる人数が多すぎることにより浪費される時間など、日本の今までのビジネススタイルはグローバルで見た時に適応力が弱いと言わざるを得ないです。

私は日本で働く外国人の知人が、日本の組織(のビジネススタイル)に合わず外資系に転職したり帰国したりする心苦しい場面に何度も遭遇しました。

これは日本人として、日本まで就職しに来た彼らの挑戦を失敗させてしまったことに申し訳なく感じ、彼らがこういった経験によって日本に対し悪い印象を持つことが残念でありませんでした。彼らは母国に帰った時、周囲に日本のネガティブな経験を伝えるのですから。

また私も含めて多くの日本人が外国で現地の社員とうまくビジネスを遂行できない状況を見てきました。特に日本式のビジネススタイルを当たり前のものとして、ローカリゼーションとの比較検討することなしに日本式をそのまま適応した場合には、組織の分裂など悲惨な状況が待ち受けていました。

これらを解決する一つの手段として、まずは自分自身の組織の行動基準を見える化し、それと対立する行動基準を知ることで、自身の組織のあり方を検討するアプローチの必要性を感じたことがこの診断の開発に繋がっています。

日本のスタイルをやみくもに否定するのではなく、海外市場をターゲットとするビジネス、日本での外国人労働者の増加を背景に変える必要のある考えや行動を明らかにし、そこに集中して取り組んでいくこと。そして変えなくても良い日本の強みも明確にすることが大切です。

グローバル組織力診断とは?あなたの日本らしさを抽出し、グローバルな考え方を提示します

診断の説明

グローバル組織力診断は、24の質問への回答内容を元に、あなたが無意識のうちに使っている「日本文化フィルター」を数字と言葉で見える化し、グローバル組織で働くときに必要となる考え方異文化の相手とビジネスを進めるスキルを提案するものです。

診断対象者

この診断は、以下のような方々を対象にしています。

  • 現在グローバル組織に所属し、成果が上手くでていないと感じる社会人の方
  • 日本企業に所属しながら、外資系企業やグローバルな場で働きたいと考えている方
  • どのような業界でも使える汎用的なビジネススキルを身に着けたい方

診断方法

ビジネスシーンに関わる24の質問の中から自分がその質問に対し賛成なのか反対なのかを答えるだけです。所要時間は約8分。

組織力とは?組織行動の紹介

グローバル組織力診断では、以下8つの分類を組織内での行動として定義しています。

それぞれの分類に2つの対立する考えが存在し、あなたがどちらにより共感を持つのかを診断では分析しています。

例えば「意思決定」の分類では、リーダーが独断で決断することをあるべき姿と考えるのか、それとも組織内の関係者が全員で議論し決定することをあるべき姿と考えるのかで、トップダウンと合意形成の考え方が分かれます。

これら8つの分類からあなたはグローバルな環境で対応することを意識して行動しているのか、そうではないのかというのを総合的に判断し、あなたに特徴的にでている組織の考え方を割り出します。

※分類一覧の各項目はクリックすると詳細ページにとびます。また、各分類のまとめは別記事「組織行動分類表」にまとめています。

分類一覧 項目1 項目2
組織階層 フラット ピラミッド
会話 ローコンテクスト ハイコンテクスト
意思決定 トップダウン 合意形成
議論 自由 制限
対立 衝突・本音 衝突回避・建前
責任 個人 組織
信頼関係 能力 共感
評価 成果 プロセス・型

診断してみましょう

診断は以下からアクセス可能です。

グローバル組織力診断:https://www.sodone.jp/

さいごに

私は決して日本の組織が悪いとか時代遅れだとかを言いたいのではないことを強調しておきたいと思います。

組織を「共通の目的を持った人の集まり」だと定義したときに、その「目的」を達成するための手段とそこに集まった人たちによってあるべき組織像と行動は変わってくるはずです。

例えば、スタートアップ企業が上下関係をはっきり区別した組織構造を採用し、合意形成型の意思決定をとっていてはビジネスのスピードが遅れ成長が阻害される可能性があるように、社会インフラを担う企業が個人成果主義を採用し、短期的な成果ばかりを優先した場合には長期的な視点で大きな事業を育てられなくなったり、スピードを求めた結果失敗につながり膨大な数の人に迷惑をかけてしまったりする可能性があります。

グローバル組織力診断はあくまで、自分を知るささいな行動にすぎません。

しかしその始まりがきっかけとなり、自分を理解し、相手を理解し、組織全体のあるべき姿と行動を検討し、実践できるようになれば、より多くの人が多様な社会で活躍できるようになると信じています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です