満員電車でも英語を勉強する方法

満員電車英語

こんにちは、やす(@yesyasyasu)です。

英語を勉強しようと考えた時、毎日の仕事で忙しくてなかなかはかどらないという経験はありませんか?

よくあるのが電車で単語帳等を開いて勉強するですが、満員電車で動けないので集中できなくて結局効率が悪くなってやめてしまうということを繰り返しました。

そこで今回は、私が東京の都心の満員電車の中で毎日やっていた勉強法を紹介させていただきます。

この勉強法は家を出た瞬間から、会社に着く直前までできるので、通勤・通学時間を最大限英語学習に当てはめることができます。

目次:

  1. とにかく家を出た瞬間からリスニング
  2. 余裕があるときの動画視聴
  3. さらに余裕があるときのリーディング

 

1.とにかく家を出た瞬間からリスニングを始める

ながら勉強に一番適しているのは、リスニングです。歩きながらライティングしたり、電車に乗りながらスピーキングしたり、ごはん食べながらリーディングするのは難しいですよね。

ということで、私は今やっていることに集中する必要がないことをするときには、リーディングを同時並行で進めるというのをお勧めしています。

自分の耳を英語に慣れさせるために、とにかく英語を聴き続ける。

別にそこにすべての集中力を注がなくても、なんとなく聞くこと、そして同じものを繰り返し聞くことで耳が慣れてきます。

ここでおすすめしたいのが、Audibleという本の読み上げサービス(オーディオブック)です。

このサービスは単純に「本」を音声で読み上げてくれるサービスです。

Audibleで洋書を買って、毎日通勤時間に聞き続ける。

これだけでリスニング力が向上するだけでなく、自分の興味あることが学べたり、小説を聴いて楽したり等、ただスキルが上がるだけではなく、「楽しみながら」「新しい知識を身に着けながら」英語を学習することができます。

時間を有効に活用したい忙しい会社員の方や、大学生に非常におすすめです。

2.余裕があるときの動画視聴

電車通勤の時間が長く、さらに座れる場合やあまり混んでいない場合は動画視聴もおすすめです。

私がよくやるのは、自分が好きな海外ドラマや洋画を繰り返し見るということです。

そしてその繰り返しを以下の順で最低3回見ます。

  1. 始めは日本語字幕
  2. その次に英語字幕
  3. 最後に字幕なし

最近では、Amazon PrimeやNetflix、Hulu等色んな動画配信サービスが格安で提供されているので、どれかに登録してみて比較してみるのがおすすめです。ちなみにAmazon Primeには英語字幕がないので、本気で勉強したい人はそれ以外をお勧めします。


3.余裕があるときのリーディング

最後に、リスニングや動画は集中力がないときでも、他のことをしながらでもできる勉強法ですが、集中して英語に触れたい場合にはリーディングをお勧めします。

一語一語文字を読みながら進むので、英単語や語彙、文法にかける集中力が上記2つよりもあがりさらに効果はあります。

ただし、集中力が必要となってくるので、あまり電車が混んでないときや長時間の通勤の方限定にはなってしまうかと思います。

私は、iPadのKindleアプリで本を読むようにしています。

タブレットを持っていないというであれば普通に読書用のKindle端末を買うほうが、小さいし薄くて電源も長くもつのでお勧めです。

紙の本はここ5年ほとんど買うことはなく、Kindleでしか本を買わなくなりました。

というのも毎日読みたい本って変わってきますし、デバイスを一つ持ち歩いていれば、そこから自分の読みたい本どれにでもアクセスできるという利便性に紙の本は勝てないからです。

まとめ

満員電車でもできる勉強法を3つ紹介しました。

  1. Audibleでリスニング
  2. 動画配信サービスで映画/海外ドラマを見る
  3. Kindleアプリで洋書を読む

是非活用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です