【ビジネススキル分類表】日本とグローバルの両方で有効なスキル一覧

コミュニケーション力、マネジメント力、思考力、ドキュメンテーション力

ビジネススキルとは何か、勘違いしていませんか?

ビジネススキル分類表とは?

私はコンサルとして、食品業界、運送業界、部品組立業界、自動車部品業界など複数業界での大小のプロジェクトを通じ、関東、関西、中国地方といった日本の都市部と地方部の両方で働きました。

海外ではアメリカ、メキシコのプロジェクトに関わり、中国、インド、タイ、ベトナムの人たちとプロジェクトをともにしました。

クライアントとして関わった人も、大企業の経理部長や購買部長、情シス課長などを始めとして工場長や海外現地法人の代表から、現地で働く地元社員まで多岐に渡ります。

これらの経験から得たのは、スキルにはどの業界・どの場所、どの人たちにでも有効なものと、有効ではないものがあるということです。

その内、日本とグローバルの両方で共通的に有効だったビジネススキルをまとめたのがこのビジネススキル分類表です。

ここに分類されるスキルを身に着ければ、どんな組織でも自分が成果を出し、そして組織としてより大きな成果を出すことに大きく貢献できるようになります。

ビジネススキル分類表

日本型グローバルプロフェッショナルスキル評価項目

カテゴリ スキル
コミュニケーション力 伝える力
聞く力
複数意見をまとめる力
ドキュメンテーション力 情報整理力
ストーリー構成力
思考力 ロジカルシンキング
クリティカルシンキング
マネジメント力 プロジェクト・タスク管理
チーム管理

 

4つのビジネススキル分類まとめ

分類表は、4つのカテゴリ、9つのスキルから構成されます。以下に簡単にまとめます。

コミュニケーション力(伝える力、聞く力、複数意見をまとめる力)

  1. 伝える力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  2. 聞く力:人から必要な情報を集める力
  3. 複数意見をまとめる力:議論でアイデアを発散、深化させ、まとめる力

ドキュメンテーション力(情報整理力、ストーリー構成力)

  1. 情報整理力:情報を整理し分類、図解する力。
  2. ストーリー構成力:相手に自分のメッセージに集中してもらい、早く短く簡単に説明する力

思考力(ロジカルシンキング、クリティカルシンキング)

  1. ロジカルシンキング:問題を構造的に分解、整理し課題を特定する力
  2. クリティカルシンキング:根本課題を定義し、その課題の答えを最短で出すための力

マネジメント力(プロジェクト・タスク管理、チーム管理)

  1. プロジェクト・タスク管理
    • ゴールを描き、そこまでの道のりを描く力
    • 実行途中で発生する障害を取り除く力
    • スケジュール通りに物事を進める力
  2. チーム管理
    • ゴールを達成するために必要なチームを定義し構築する力
    • チームを成長させ、力を引き出し、より大きな成果に導く力

「Input→Process→Output」の一連のスキルが網羅的に含まれます

ビジネススキル分類は組織の目標を達成するために、必要な一連のスキルとなります。

  1. 目標達成までの「地図」の作成
  2. メンバー集め、チームの成長
  3. タスクの遂行(情報収集→情報の整理→成果[結論や製品など]作成)

各ビジネススキルのイメージ

ある食品の海外展開を検討するためにターゲット市場を選定する例を見てみると、以下のような流れと必要なスキルをイメージできます。

  • STEP.1
    スケジュールとゴールの作成
     マネジメント力:プロジェクト管理
  • STEP.2
    上司との進め方すり合わせ
    マネジメント力:タスク管理
  • STEP.3
    ターゲット市場の候補地域を絞り込むための仮説の作成
    思考力:クリティカルシンキング
  • STEP.4
    ターゲット地域の選定のため、対象地域の市場調査ができる人材/会社を探す
    マネジメント力:チーム管理
  • STEP.5
    地域ごとの人口、食習慣、収入などの情報を集める
    コミュニケーション力:聞く力
  • STEP.6
    情報の過不足や妥当性を検証する
    思考力:ロジカルシンキング
  • STEP.7
    複数の市場を整理し、比較分析する
    ドキュメンテーション力:情報整理力
  • STEP.8
    比較結果から、展開先の候補市場を決定し書類にまとめる
    ドキュメンテーション力:ストーリー構成力
  • STEP.9
    現時点での結論を関係者へ発表する
    コミュニケーション力:伝える力
  • STEP.10
    議論を取りまとめ、決定事項やネクストアクションを整理する
    コミュニケーション力:複数意見をまとめる力

さいごに

ビジネススキルの4分類と9つのスキルを紹介しました。

  1. コミュニケーション力(伝える力、聞く力、複数意見をまとめる力)
  2. ドキュメンテーション力(情報整理力、ストーリー構成力)
  3. 思考力(ロジカルシンキング、クリティカルシンキング)
  4. マネジメント力(プロジェクト・タスク管理、チーム管理)

グローバルで仕事をするのであれば、4つのビジネススキル分類に加え、以下の3つの能力の獲得が重要です。

①グローバル組織力の理解:価値観や考え方が異なり共通点が少ない人とビジネスを円滑に進める力

②英語(もしくは第三言語):グローバルビジネスの共通言語

③専門分野:付加価値を上げ、自分らしさをだす領域

逆に言うと、これらがあれば世界中で仕事ができるようになるので、価値のあるスキルと自分の興味・強みの分野を明らかにして、少しずつ伸ばしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です